オーダーペンダント6


全体のバランスを見ながら最後のパーツを付けていきます。

このパーツには小さいダイヤや敷き詰められるように留まります。(パヴェセッティングと呼ばれます)

オーダーメイドは見本が無いため高さや厚み、横や裏から見たときの美しさは職人のセンスにかかっているので、かなり頭を悩まします。

職人がよく言う言葉。

「作ってるより考えてる時間の方が長い」

私は10年以上同じ美容室に通っております。

そのため私のことをよく知ってくれています。

「男前で」

パーマやカラーは注文するときもありますが基本はその言葉だけです。

いつも通りの感じかと思いきや今回は

5.6年ぶりに後ろ髪を刈り上げました。

美容師さんだって職人。

私が職人のセンスを信頼して、職人が私の思いをしっかり受け取ってくれれば良いものができるんだなぁ。

「男前」にしてもらいました🎶

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です