エンゲージリング3


お次はリングの腕と呼ばれる部分をプラチナの角棒から作っていきます。

左右を全く同じアールに曲げるのはかなり難しく、左右で違いが無いかを見る目と、見つけたら修正する技術が必要です。

弟子の頃はこの部分だけで丸一日かかってました…笑

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です